古紙市場は、鉄スクラップに次ぐ世界的マーケットに成長した一方、国内では古紙発生量の頭打ちや、鉄・板紙生産量の伸び悩み、 古紙の分別回収システム維持の難しさなどさまざまな問題を抱えています。これらの市場の変化や問題に対応するために、業界では 、「古紙商品化適格事業所認定制度」と「古紙リサイクルアドバイザー認定制度」の二つの優良性認定制度を設けて、古紙品質のさらなる向上 と維持に努めていきます。

 

 

古紙業界の質を問う制度です。古紙の回収、商品化、販売に至る過程について、関係者にわかりやすく透明性を持った運営をし、 仕入、販売競争力の強化、業の連携と効率化を図ることを目的にした制度です。

「古紙の品質」と「業界で働く人の社会的評価の向上」、「古紙を通した環境貢献」を問う制度です。
古紙回収現場の整備と分別回収促進、古紙回収に関わるアドバイザリー活動全般、また古紙品質の確保と生産性の向上など、 これらの活動を通した業界人の社会的地位の向上を目的とした制度です。

 

出典/「大きく広げよう 紙リサイクルの環」古紙回収推進委員会